肝臓の役割

 

肝臓は、どういう働きをするか知っていますか?

代謝

物を食べると、胃と小腸で消化吸収され栄養分に分解されます。この栄養分は肝臓に送られ、体が必要とする物質やエネルギーに変換されます。

肝臓は、体が必要とする栄養やエネルギーを一時的に溜め込む役目も果たします。
でも、肝臓の機能が低下すると、その役目が果たせず、エネルギー源となるブドウ糖が不足状態になり、慢性的な疲労状態が続くようになります。

解毒

細菌やアルコール、食品添加物、薬剤など、体にとっての有害物質を無毒化し体外に排出する働きをします。例えば、アルコールなら、肝臓で解毒すると分解過程でアセトアルデヒトが作られ、それがさらに分解され無害な酢酸になり、さらに二酸化炭素と水に分解されて、体から排出されるしくみになっています。

二日酔いで気持ち悪くなったり頭痛がするのは、分解しきれない状態のアセトアルデヒドが体内に残っているからです。
ですから、肝臓の機能が低下すると、解毒が十分にできずにすぐ気持ち悪くなるなどの症状がでるのです。

胆汁の生成・分泌

胆汁とは消化液の一つで、脂っこい食べ物の消化吸収時に脂溶性のビタミンを吸収させる大切な働きをします。また、尿と同じく老廃物を排出する役割もあります。
肝臓機能が低下すると、老廃物の排出ができなくなり、胆汁に含まれるビリルビンという黄色い物質が体の中に増えるため、体に黄だん症状が出るのです。

 

肝臓は、このように体に取り込んだ物質の分解・加工(代謝)を行い続けています。そのため、肝臓が疲れたり、調子を崩すと、エネルギーが作れなくなったり、解毒しきれず体の中に毒素がたまることになります。

どうして肝臓が疲れるのか

 

肝臓が疲れるのには、どんなきかっけがあるのでしょう?

食べ過ぎ

たんぱく質の分解時にアンモニアが発生します。このアンモニアは体にとって有害物質で、食べ過ぎると分解されてアンモニアの発生量も増えます。この大量のアンモニアは、栄養の吸収を妨害したり、老廃物が対外に排出されにくくしたり、脂肪の分解が十分にできず脂肪が肝臓にたまる原因になったりします。
アルコールの飲みすぎ

アルコールは分解されてアルデヒドになります。このアルデヒドは体にとってとても強い毒性があり、脂肪分解や解毒の働きを低下させます。

運動不足

筋肉を動かさなくなるので、体内の血液の戻りが悪くなり、汚れた血液が滞ってしまいます。肝臓は、血液をキレイにするために働くようになり、その処理に追われるようになります。
睡眠不足

肝臓は起きているときは体にエネルギーを送り続けるので、寝ているときにしか休めません。その休息時間は最低でも3〜5時間と言われています。つまり、睡眠時間がそれより短くなると、肝臓も休めなくなるということです。
ストレス

ストレス過多になると、交感神経が優位になり、肝臓を動かす副交感神経の働きが悪くなってしまいます。

疲れた肝臓を回復する休肝日

 

中ビン2本程度のビール、あるいは2合程度の日本酒を分解するのに、個人差はありますが、6〜7時間かかります。ですから、お酒を飲んだ後も、体内からアルコールという毒素を分解・排出するために、本来は休むべき就寝時間中にも肝臓は黙々と働き続けることになります。

 

毎日連続して肝臓を働かせ続けると、肝臓が疲れ、障害が発生し始めます。お酒を飲んだ後には、肝臓には中性脂肪が溜まり、胃や腸などの消化器官の粘膜も荒れるため、肝臓や胃や腸の粘膜を修復するために、週2日程度、肝臓を休める「休肝日」が必要になるのです。休肝日の作り方は、週5日飲んで2日休むというよりも、2〜3日飲んで1日休む方が効果的です。